テニス部について

 


男子監督 本田 健児     女子監督 園田 雅之          
部長   髙嶋 康博     コーチ  本村 剛一
《男子》

 創部(S38年)55年目を迎えた男子テニス部は、翌年(S39)には早くも全国大会出場を果たす。昭和41年より始まった夏の全九州高校テニス大会では現在までに45回優勝・昭和55年より始まった秋の選抜九州高校テニス大会では、現在までに36回優勝しており、九州大会の優勝回数91回である。

 さらに夏のインターハイ(全国高校総体)に昭和42年に団体で初優勝以来、昭和55年まで14年連続制覇の偉業を成し遂げ、現在まで優勝24回・準優勝12回・3位7回に輝いた。 春の全国選抜高校大会 もこれまでの39回大会中、30回決勝に進出し18回優勝、2度の四連覇を達成している。

 近年、日本代表としてUSオープンジュニアに片山翔・福井恵実が、また日・韓・中交流競技会に吉備雄也をはじめ多数の選手が選ばれ海外での経験を積んでいる。また、国際科テニス部員は、主に短期留学で充実した語学とテニス生活を体験している。

OBには日本テニス界のトッププレーヤーとして活躍した 福井烈・坂本真一・松岡修造・本村剛一・岩淵聡ら、現在はそのあとの杉山記一・小野田倫久・吉備雄也・片山翔らが活躍中。
また、国別対抗戦日本代表監督として福井烈・植田実が活躍し、現在は、土橋登志久・岩淵聡らが努めている。
 

《女子》

女子部の創部は昭和43年、男子同様に九州では№1の座を守り続けている。全九州テニス大会では現在までに23回優勝・選抜九州テニス大会では、20回優勝しており九州大会の通算優勝回数43回になる。

 全国大会へは創部以来、夏のインターハイ(全国高校総体)団体戦では準優勝2回、3位7回に輝き、又昭和50年個人戦シングルスで念願の初優勝を渡辺芳絵が成し遂げた。国体でも優勝1回・準優勝3回・3位6回の成績を残こし、春の全国選抜高校大会では準優勝2回、3位4回に入賞するなど近年の上位進出が目覚ましく、平成13年史上初、男女アベック優勝の快挙を成し遂げた。このように女子部も全国のトップレベルに位置している。

更新日ℍ29/6/20